このメニューではBMWオーナーにオススメのダイナースカードについてお届けしています。
最高峰クレジットカードと言えばダイナース

最高峰クレジットカードと言えばダイナース


最高峰クレジットカードと言えばダイナース
クレジットカードを持っていなかったとしても生活に支障が出ることはありませんが、損をしてしまっています。
ポイントが貯まるクレジットカードは様々な景品と交換出来ますし、何よりも割引サービスが充実しているのです。 BMW ダイナースカードにおきましては、BMW正規販売代理店で車輌購入の代金支払としても利用することが出来ます。
さらにカード利用により有効期限の無いダイナースのクラブポイントを獲得出来るので一気にポイントが貯まっていきます。
BMW ダイナースカードは最高峰のクレジットカードのダイナースクラブとBMWジャパンの提携クレジットカードとなります。
ダイナースクラブ本来の特典とサービスに加え、BMW のオリジナルサービスがコラボレーションした便利なクレジットカードです。

BMWの万一のトラブルの際にも24時間365日電話対応可能な「BMW エマージェンシー・サービス」にも注目です。
また年間100万円以上のカードを利用することによって「BMWオリジナルグッズ」がもらえるという特典もあります。




最高峰クレジットカードと言えばダイナースブログ:21 10 17

厳しさとやんちゃさを兼ね備えたお父さん、
そして、穏やかな、どこかお茶目な母親の元で
あたしは育ちました。

家には、色紙に書かれた家訓ならぬ、
お父さんのお気に入りの言葉が書かれた色紙が
所狭しと家の壁に貼られていました。

たくさんのことをお子さんに残したかったお父さん。
お父さんの教えや決まりごとの意味は、そのときは難しくて分からなくても、
大人になるにつれて理解できるようになっていました。

だけど、一つだけわからないものがありました。

「1食2膳」
食事1食につき、ごはんを2杯以上食べなさい…
というものでした。

「残さず食べなさい」という躾もありましたが、
それに追加して、なぜ「1食2膳」?

体型などが気になるお年頃の時期は、
とても嫌な決まりごとだったのです。

むしろ、ごはんをお茶碗半分にしたい…
そう感じたことも何度もありました。

ごはんを2杯食べないことが見つかろうものなら、
不機嫌になるお父さん。
「お前らがしっかり食べないと、働いている意味がないだろう!」
「そんなことなら、働かんぞ!」

なんで、機嫌が悪くなるの?
だからって、どうして働かなくなるの?
当時のあたしには、怒られていることに気をとられて、
お父さんの思いが分かりませんでした。

しかし、少し巻き戻してみると
答えは明らかでした。

お父さんは、あたしたち家族がたくさん食べることで、
働く意味を感じてきた人だったのです。

なので、
あたしたちが食欲のないときには、
働く意味を感じられなかったのでしょう。

お父さんも母親も戦後間もない頃に生まれ育ったので、
その時代背景を考えれば、
今のように飽食の時代ではありませんでした。

だからこそ、
家族に充分にごはんを食べさせることが家族の幸せであり、
お父さんにとって意味あることだったのですね。

最高峰クレジットカードと言えばダイナース

最高峰クレジットカードと言えばダイナース

★メニュー

半永久的に年会費永年無料で利用可能
旅行にも便利で日常生活もお得
コンビニで使用してさらにお得
学生でも契約することの出来るクレジットカード
最高峰クレジットカードと言えばダイナース
クレジットカードの支払い方法
世界中の空港ラウンジを快適に過ごす
充実の特典が満載!それがシティエリート
お得で便利なクレジットカードのある生活
東京を生活拠点にしているなら東京メトロ To Meカード


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)クレジットカードの流儀